医療事務のお仕事内容

医療事務の
お仕事内容

医療事務にはたくさんの役割があります。

患者さま対応から医療費の計算、さらには医師や看護師のサポートまで、医療の現場では医療事務の存在が欠かせません。専門性が高くやりがいがある、そんな医療事務のお仕事内容をご紹介します。

受付業務

受付業務

患者さまが来院して初めに訪れる場所が受付。医療事務スタッフの与える印象が病院のイメージにつながります。主に、保険証の確認などを行い、カルテに反映される患者さまの基本情報を登録。病状に適した診療科をご案内します。


受講中に、保険証の確認を
覚えることがおすすめです。

堀欠 祐佳さん

病院にいらした患者さまを一番初めにお迎えする私たちの姿勢が、病院全体のイメージにつながることも少なくありません。さまざまな事情や不安を抱えて来院される方に少しでも安心していただけるよう、忙しくても事務的な応対にならないよう注意しています。就職して初めに配属されることも多い受付業務ですが、これから医療事務を目指す方なら、保険証の確認方法と幅広い年代の方に伝わりやすい話し方や接し方などをお勉強していれば心強いと思います。

修了生 堀欠 祐佳さん

外来クラーク

外来クラーク

規模の大きい病院では、初・再診の受付とは別に診療科ごとの受付があります。診察室へのご案内、カルテの準備、検査案内、次回診察予約など、医師や看護師と連携し診察がスムーズに進むようさまざまな面からサポートします。


医師や看護師と連携して
仕事をすることが大切です。

須田  梓さん

「診察を待つ患者さまの気持ちを少しでも和らげることができたら」という気持ちで仕事をしています。仕事上注意が必要なのは患者さまからの質問。答えたいという気持ちは大切ですが、わからないことは先生や看護師さんにきちんと確認し、正しくお答えしなければなりません。外来クラークのお仕事で必要とされるのは、患者さまの目線に合わせたコミュニケーション力、医師や看護師と連携する協調性、そして診察の流れを理解した上での適切な対応だと思います。

修了生 須田  梓さん

会計業務

会計業務

診察後、診療内容に沿って医療保険の点数計算をします。多くの医療機関で、医療事務コンピュータや電子カルテが導入され、会計業務は今後もますます電算化が進むと考えられています。計算後は窓口でお会計を行う、または精算機にご案内します。


医療事務コンピュータや
電子カルテの知識が役に立ちます。

大橋 香織さん

病院では、診察や検査での待ち時間が長くなることもしばしば。ですから会計ではなるべくお待たせしないよう、スピーディーで正確な仕事をするよう努めています。また、前回のお会計に返金や追加があるなど患者さまへのご説明が必要な場合には、専門用語ではなく患者さま目線の言葉を使うことが大切です。医師の作ったカルテからお会計を作成するためには医療費計算の知識がとても役立ちますから、できれば受講中にしっかり勉強するのが良いと思います。

修了生 大橋 香織さん

入退院受付業務

入退院受付業務

入院前の予約では患者さまの希望をうかがい、入院日を調整。入院時には書類の手続きや説明、病棟へのご案内を行います。入院会計では費用が高額となるため、お支払日の前日には請求書を作成します。

病棟クラーク

病棟クラーク

入院病棟のナースステーションで医師や看護師と一緒に働く、医療の現場に近い仕事です。検査伝票、食事、カルテの管理や面会者の受付けなどを行います。


医療の現場に近い職場で、
日々奮闘中です。

原嶋 美穂さん

入院病棟のナースステーションが私の職場です。仕事の中心は、忙しい看護師さんがスムーズに働けるようサポートすること。ですから、看護師さんが受けた電話の内容は常に気にかけるようにしています。緊急な入院、転入がありそうな時にはすぐに対応できるようにするためです。また、面会にいらした方、ご家族からのお電話などに応対することもありますから、病院特有のマナーについて知っておくことも大切です。

修了生 原嶋 美穂さん

請求事務業務

請求事務業務

会計の時に患者さまが支払うのは医療費の一部。その残りを医療保険の保険者である自治体や保険組合に請求するためのレセプト(診療報酬明細書)を作成します。病院経営に関わる重要な仕事です。


点数のことはもちろん、
病気やお薬の知識も必要です。

長谷川 夏鈴さん

請求事務は病院経営に関わる責任の重い仕事ですから、請求漏れがないようにカルテをきちんと読むこと、確認を怠らないことを常に心がけています。医療事務の講座で勉強する点数のことはもちろんですが、病気やお薬に関する知識も必要で毎日が勉強です。請求事務は地道なお仕事ですが、だからこそすべてを仕上げた時の達成感はひとしお。先生から請求点数を聞かれてスムーズにお答えできた時には、自分の成長を実感できます。

修了生 長谷川 夏鈴さん

トップへ戻る
資料請求 講座申込み