コラム

2021.09.06医療

医療事務の資格を活かせる職場は?

2021.09.06医療

医療に関わるさまざまな分野で活躍することができます

病院、クリニックはもちろん、医療に関わる多くの分野で医療事務の知識が求められています。さまざまな職場から自分に合った活躍の場を選ぶことができるのも、医療事務の資格を取得するメリットです。

活躍の場1 病院

 

 

 

入院設備であるベッド数が20床以上ある医療機関を病院と呼びます。総合病院や大学病院などの大規模な病院では「受付」「「会計」「請求」など業務が分業化されていることが多く、一度にすべての仕事を覚える必要がありません。経験を積みながら少しずつキャリアアップできるという点で、未経験の方にもなじみやすい職場といえます。

<病院勤務におすすめの講座>

医療事務講座

医療事務コンピュータ・電子カルテ講座

VOICE 病院が求める医療事務スタッフ

一歩一歩確実にステップアップできます

聖路加病院医事課国際係予防医療推進室マネージャー 原茂  順一様

外来の予約数だけでも1日平均2,700人ほどになる私どもの病院では、医療事務の仕事も、受付・各種診療科・病棟などでさまざまに分業されています。患者さまの診療や会計がスムーズに進むように、また医師や看護師が診療に集中できるように、それぞれの立場からあらゆるサポートをするのが医療事務の仕事。一つひとつの業務をしっかりと学び専門性を高めていく向上心があれば、医療事務のスペシャリストとしての活躍が期待されるでしょう。

活躍の場2 診療所(クリニック)

 

外来・在宅医療を行う地域密着の小規模な医療機関で、「○○クリニック」「○○医院」などの名称はすべて診療所に含まれます。少人数で様々な業務をこなすため、幅広い知識を身につけることができます。正社員としての採用が多いのも特徴です。

<診療所勤務におすすめの講座>

医療事務講座

医療事務コンピュータ・電子カルテ講座

レセプトチェック講座

VOICE 診療所が求める医療事務スタッフ

アットホームな職場で総合力が身につきます

医療法人社団未知会 宮崎整形外科院長 宮崎 祐様

当院の医療事務スタッフは5名。アットホームな雰囲気で仕事をすることができます。また、少人数であらゆる業務を担当していただくので、短期間で幅広い知識を身につけることができるのもクリニックで働くメリットです。医療事務のスタッフに求めることは、チームワークと冷静な判断力。自分の仕事をするだけでなく、お互いがサポートし合いながら、患者さまが安心して治療できるような環境作りを心掛けてほしいですね。

活躍の場3 健診センター

診療ではなく、病気予防のための健康診断を行う施設で、対応するのは健康なお客様です。予約受付、お客様案内、健診データの入力や発送などが主な業務で、明るく親切な対応が求められます。接客業の経験のある方やコミュニケーション力を活かしたい方におすすめの職場です。

<健診センター勤務におすすめの講座>

医療事務講座

医療事務コンピュータ・電子カルテ講座

VOICE 健診センターが求める医療事務スタッフ

サービス業としてのマナーが求められます

医療法人社団アルコ会 アルコクリニック事務局 三上 俊介様

私共の施設では、お客さまを明るく笑顔でお迎えし、安心してご受診いただけるように心配りのできる職員を求めています。事務スタッフには、健診に来られたお客様への対応、健診結果の管理をしていただきます。お客様と接する機会の多い職場ですから、特にサービス業としての接遇力が求められます。また、健康診断が円滑に行われるよう全体を見渡し、気遣いができるコミュニケーション力も必要です。

活躍の場4 調剤薬局

診察は病院で、お薬は調剤薬局でという医薬分業が進み、今では多くの調剤薬局を見かけるようになりました。調剤事務の仕事は、保険証の確認、患者さまが持ってこられた処方せんの入力や会計、レセプトの作成など。医療事務に加えて調剤事務の資格を取れば、就職先の幅がぐっと広がります。

<調剤薬局勤務におすすめの講座>

調剤薬局事務講座

調剤薬局事務コンピューター講座

VOICE 調剤薬局が求める医療事務スタッフ

臨機応変な対応が求められます

川崎大師緑薬局 管理薬剤師 安達 まゆみ様

私共は地域に根差した医療をモットーに、薬剤師14名、調剤事務スタッフ4名で調剤薬局の運営をしています。事務スタッフの業務は、処方せんの受付から会計、請求業務、一般事務など多岐にわたります。また、患者さまとかかわることが多い仕事ですから、ご要望やお困りごとを把握し、積極的に解決しようという姿勢が大切です。患者様に寄り添う気持ちで、明るく臨機応変な対応をしてほしいと思います。

その他

病院からのレセプトを受け付ける支払機関・国保連合会・保険組合・自治体、患者様の医療費を保証する保険会社、医療事務の会計ソフトを制作する会社など、医療に関わるさまざまな分野で医療事務の知識が必要とされています。

関連記事

医療事務の資格について(種類・選び方・メリット)

トップへ戻る
資料請求 講座申込み