医療事務講座7・9月生募集中
無料説明会
医療事務通信講座

グループオンライン説明会
(総合・調剤・介護・医療事務通信)
<ご予約はこちらから>

1対1の「個別オンライン説明会」
実施しております。
<ご予約はこちらから>

日本医療事務協会が資格取得で選ばれる理由

医療事務の専門校設立

医療事務の専門校設立1975年

合格率業界最高水準

合格率業界最高水準

全国の求人件数

全国の求人件数10,000件以上

日本医療事務協会は、医療事務の専門校として、医療現場の「今」を反映した各種講座をご提供しています。お客様第一主義のサポート制度で、気になる資格試験の合格率は業界最高水準!さらに、全国10,000件以上の求人情報が、未経験からの就職をバックアップしています。

医療事務資格講座ラインナップ

最短5日の通学で実践力を身につける

医療事務講座

通学講座

短期間での資格取得を目指す方向けの講座。初めての病院勤務で現場から求められる実践スキルに的を絞って学びます。

医療事務通信講座

自分のペースで医療事務資格を取得

医療事務通信講座

通信講座

手軽に医療事務を学んでみたい方向けの通信講座。複数の講座を組み合わせてあなた好みにカスタマイズすることができます。

調剤薬局事務講座

人気急上昇の注目資格

調剤薬局事務講座

通学講座

通信講座

調剤事務は専門職でありながら、学習の範囲が比較的狭く挑戦しやすいのが特徴。短期間で資格が取れる人気の講座です。

介護事務講座

超高齢社会で求められる専門知識

介護事務講座

通学講座

通信講座

超高齢社会を迎え、介護事務のスキルを持つ人材が広く求められています。介護・福祉業界でキャリアアップしたい方におすすめの講座です。

歯科医療事務講座

専門性の高いスキルを身につける

歯科医療事務講座

通学講座

通信講座

歯科の請求事務で必要なスキルを学ぶ講座。現場がイメージしやすい授業は、実務に就いている方からも実践的と評価されています。

医師事務作業補助者養成講座

今、ニーズが高まっているお仕事

医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)

通学講座

通信講座

医療事務で正社員を目指す方向けのスペシャル講座。14日間集中的に学んでで就職に有利な3つの資格取得を目指します。

医療事務とは

はじめの一歩

医療事務とは?

医療事務スタッフの主な仕事は、病院やクリニックでの医療費の計算と患者様への応対です。では、どんな方に向いていて、資格を取るためにどんな講座や試験があるのでしょうか。また、お仕事の詳しい内容や求人応募の時の強み、注目されるポイントまでをお伝えします。

医療事務の就職について

先輩インタビュー 就職サポート

医療事務資格について

医療事務の仕事には、資格が必要?

医療事務の仕事は医者や看護師のように資格が必要ではないので、無資格であっても就職することが可能です。
ただし、医療の現場はとても忙しく、初めての医療事務なら就職前に 知識を身につけておかなければついていけないというのが実情です。資格という目に見える形があることで、「医療事務の仕事がしたい」という意欲が本物だと言うことを示すことができ、就職活動の面でも大きな武器になります。

医療事務の仕事には、資格が必要?
資格がたくさんあって
どれを取ればいいのかわかりません。

医療事務は資格がたくさんあって
どれを取ればいいのかわかりません。

医療事務の資格は、民間の団体が主催しているので、それぞれ名前が違うものの就職活動での優劣はないと考えていいでしょう。
どの資格を取得するかよりも、資格取得にかかる費用や時間、学習内容から講座を選ぶことがポイントです。

お知らせ

医療事務資格講座に関するよくある質問

医療の知識が全くないのですが、授業についていけますか。

受講料以外にかかる費用はありますか。

学習に必要な教材は、すべて受講料に含まれています。講座修了後に資格試験をご受験いただく際の受験料は別途必要になります。

未経験でも本当に5日間の通学で資格が取れますか。

医療現場が求めるスキルに的を絞ったカリキュラムと充実した学習サポートをご用意していますので、短期間でも確実な資格取得を目指していただけます。

似たような名称の資格がたくさんありますが、違いはありますか。

どの資格も履歴書の資格欄へ記載していただけます。日本医療事務協会の検定試験では、未経験の方が就職時に必要とされる知識とスキルが審査されます。

通信コースを検討しています。標準学習期間よりも早く修了できますか。

標準学習期間は「1日1時間×週3日」の学習頻度を想定しています。これより早いペースで進めていただければ、学習期間を短くすることも可能です。

年齢が高くても就職できますか。

若い方が就職しやすいという傾向は、一般企業ほど顕著ではありません。当校では、40代で初めて医療事務スタッフになる方も多くいらっしゃいます。

各校サイト 医療機関専門研修サイト

トップに戻る