“無料で”資料請求
日程検索・申込み

0120-39-8653

介護事務講座 通学コース 通信コース

実務直結のスキルを3日間で習得

介護事務講座

  • 通学コース
  • 通信コース

介護事務とは超高齢社会で求められる専門知識

人口の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、介護福祉施設や事業所が提供するサービスも多岐にわたっています。そして現場では、介護保険やサービス利用料に精通した事務スタッフが、施設や事業所の経営を支える重要な役割を担っています。

選ばれるポイント

1仕事で家庭で必要とされるスキル

仕事で家庭で必要とされるスキル

2000年からスタートした介護保険制度によって、私たちは介護が必要な状態になった場合に、民間の事業者からも保険による介護・福祉サービスを受けることができるようになりました。今後ますます介護サービスの需要が増える中で、介護事務のスキルを持った人材は、事業者にとって欠かすことができない存在となりました。また、ご自身やご家族が介護保険を利用する際にどのようなサービスを受けることができるかなど、ご家庭でも介護事務の知識を必要とする方が増加しています。

2介護現場で働く人のスキルアップに

介護現場で働く人のスキルアップに

「介護保険や利用料に関する質問に答えたい」「事務業務へ仕事の幅を広げたい」「介護福祉業界で事業を立ち上げたい」など、介護事務の知識は、介護の現場で活躍されている方々の様々なニーズに応えることができます。ですから、介護事務講座は介護職員、介護福祉士、ケアマネージャーなど現職の方にも多くご受講いただいています。また、医療と介護の連携が進む中で、医療機関でも介護保険の知識や算定のスキルが必要とされ、介護事務の知識を生かす場はますます広がっています。

介護事務のお仕事

窓口業務

サービス提供事業所との連絡業務、利用者様とご家族へのサービス案内や入所手続きなどを行います。

サポート業務

サービス提供事業所との連絡業務、利用者様とご家族へのサービス案内や入所手続きなどを行います。

請求業務

介護サービス費用のうち、1割を利用者様に、それ以外の9割を地方自治体に請求します。

活躍のフィールド

老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、療養型医療機関、在宅看護支援センター、高齢者生活福祉センターなど。

介護事務の魅力

1将来性のある業界

将来性のある業界

超高齢社会を迎え、介護の現場で働く人の需要は高まる一方です。そんな将来性のある業界を、デスクワークで支えるのが介護事務のお仕事。施設や事業所の経営に関わる重要な役割を担っています。

2仕事の幅が広がる

仕事の幅が広がる

介護の現場で活躍中の方なら、介護保険制度やサービス利用料の知識を得ることで、仕事の幅をさらに広げることができます。「利用者様の質問に答えたい」「事務職へ転向したい」「介護福祉業界で事業を立ち上げたい」など、介護業界でキャリアアップを目指す方から選ばれています。

3家庭でも役に立つ

家庭でも役に立つ

2000年からスタートした介護保険制度によって、私たちは介護が必要な状態になった場合に、保険による介護サービスを受けることができるようになりました。ご自身やご家族が介護保険を利用する際にどのようなサービスを受けることができるかなど、将来に備えて介護事務の知識を必要とする方が増加しています。

講座の特長

1即戦力スキルを短期間で

即戦力スキルを短期間で

通学コースでは、わずか3日(18時間)の受講で介護事務に必要な「介護保険の概要」「請求事務(居宅)(施設)」をしっかりと身に付けることができます。お仕事と学習の両立をお考えの方、短期間での資格取得を目指す方に最適です。

2高い合格率

高い合格率

介護報酬請求事務技能検定試験の合格率は78.2%!(2019年度実績)
試験会場へは教材の持ち込みが可能だから、暗記の必要はありません。短期間の受講で確実な資格取得を目指せます。

3医療&福祉専門校の
カリキュラム

医療系専門校のカリキュラム

授業では講義と実習を繰り返しながら、基礎から応用まで段階を追って学習していきます。請求事務のノウハウを様々なモデルケースを通して学び、実践的な技術が身に付くよう工夫されたカリキュラムが特徴です。

講座詳細

通学コース 通信コース
学習方法
通学する日数は、わずか3日。1日6時間の授業で資格取得を目指せます。 専任講師のサポートを受けながら、通学コースと同じカリキュラムを自宅で学習します。
カリキュラム
  • 第1回 介護保険の概要
  • 第2回 介護報酬の基礎知識・居宅
  • 第3回 介護報酬(居宅)
  • 第4回 請求事務実習(居宅)
  • 第5回 介護報酬(施設)
  • 第6回 請求事務実習(施設)
  • ※全6回・1回3時間
  • 介護保険の概要
  • 介護報酬の基礎知識・居宅
    【第1回課題提出】
  • 介護報酬(居宅)
  • 請求事務実習(居宅)
    【第2回課題提出】
  • 介護報酬(施設)
  • 請求事務実習(施設)
    【第2回課題提出】

※添削回数3回

教 材

介護事務講座教材

学習サポート

1年間は授業受け放題

急な用事や体調不良でお休みすることがあっても、他のクラスへ無料で振り替えることができます。さらに、1年間は繰り返し何度でも受講できる特典付き。

担任講師によるサポート

担任講師が問題を解くコツや弱点克服のアドバイスを行い、確実な資格取得へと導きます。質問はメール・FAX・郵送で直接講師に確認できます。
お待たせすることのないよう迅速に対応しています。

受講有効期間
ゆとりの1年間
標準学習期間
3日間 3ヶ月
目指す資格
介護報酬請求事務技能検定試験(会場受験)
受験料
6,000円(税別)
6,600円(税込)
介護報酬請求事務技能検定試験(自宅受験)
受験料
6,000円(税別)
6,600円(税込)
受講料
教材費込
45,000円(税別)
49,500円(税込)
教材費込
43,000円(税別)
47,300円(税込)
目指す資格 介護報酬請求事務
技能検定試験

全国の専門学校や国の職業訓練などでも実施されている日本医療事務協会主催の資格試験です。介護保険法施行当初からの歴史があり、居宅介護事業所や介護福祉施設等での請求事務に必要な知識と技能レベルが審査されます。本試験に合格すれば、自信をもって就職活動に臨んでいただけます。

■試験日程
通学コース:年6回(2月,4月,6月,8月,10月,12月)
通信コース:毎月第4土曜日(自宅受験)
■試験内容
実技(レセプト作成)・学科
■合格基準
非公開
■合格率
78.2%(2019年度実績)
■受験料
6,000円(税別)/ 6,600円(税込)

介護事務はこんな人におすすめ

先輩インタビュー

介護の現場でキャリアアップしたい人にオススメ

社会福祉法人ハッピーネット ゆめの園りふれ宮原  作間健一さん

デイサービスの施設で、介護職員として働いています。長期的に介護業界で働くことを考えたときに、介護事務の仕事を視野に入れたいと思ったのが受講のきっかけでした。実際に勉強してみると、現在の介護職においても非常に役に立つ知識だと感じました。ケアマネジャーが作成した書類を見れば、自分が普段関わっていない利用者様の状況がすぐに把握できますし、日頃から多かった利用者様のサービス費用に関する疑問にも答えられるようになりました。自信を持って仕事に取り組めるようになったのはもちろん、会社からは社会福祉主事の資格を取るように勧められるなど、新たな可能性を開くことにも繋がっています。

社会福祉法人ハッピーネット ゆめの園りふれ宮原  作間健一さん

業界インタビュー

就職の幅を広げたい人にオススメ

デイサービス 粋 施設長 黒木修平氏

介護事務の資格取得者は、福祉社会の担い手として貴重な存在になっていることは間違いないでしょうね。というのも、既に介護老人保健施設など医療と介護が複合化された施設では、介護保険に関する専門的な知識を持つ介護事務員はなくてはならない存在。さらに医療機関はもちろんのこと一般企業においても介護事務の知識が求められており、そのニーズは高まる一方でしょう。また、仕事としてだけでなく、介護が必要なご家族がいらっしゃる家庭でも多いに活かされる知識ですから習得しておいて損はないと思います。

デイサービス 粋 施設長 黒木修平氏

よくある質問

Q. 介護事務ってどんな仕事をするの?

サービス提供事業所との連絡業務、利用者様とご家族へのサービス案内や入所手続きなどを行う窓口業務、ケアマネジャーの仕事や施設・事業所運営のサポートを行います。請求業務では介護サービス費用のうち、1割を利用者様に、それ以外の9割を地方自治体に請求します。

Q. 医療事務とセットで受講するメリットは?

医療と介護の連携が進み、療養病棟や訪問看護ステーションを併設する医療機関が増えています。医療保険と介護保険の両方が利用される現場では医療事務と介護事務、両方の知識を持ったスタッフが求められています。

Q. どんな人が受講していますか?

介護事務講座は介護職員、介護福祉士、ケアマネージャーなど現職で活躍中の方はもちろん、就職活動のための資格取得を目指す方やご自身やご家族が介護保険を上手に利用することを目的に受講される方も多くいらっしゃいます。

Q. 通信でも通学と同じ実力が付きますか?

通学コースと通信コースでは同じ教材を使用し、どちらも担任講師が資格取得をサポートします。専任講師によるきめ細かいサポートや資格取得後の就職支援制度など、医療・福祉系務専門スクールの通信コースだからこそできる特典がいっぱい。通信コースでも十分な実力が身につきます。

Q. 就職先はどんなところがありますか?

老人ホーム、グループホーム、デイサービスセンター、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、療養型医療機関、在宅看護支援センター、高齢者生活福祉センターなど、活躍のフィールドはますます広がっています。

介護事務は今注目の資格です。今後、介護と医療の連携がますます重要となり、福祉の現場だけでなく医療の現場からも介護事務の知識を持った人は求められています。日本医療事務協会の介護事務講座では、介護保険の基礎からケアプラン作成の仕組み、請求業務(レセプト)まで総合的に学べます。

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします

講座日程を確認する。募集中のクラスを検索できます

講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です