クリニック勤務・正社員をめざすレセプト講座

医療事務講座とセットで受講するステップアップ講座

医療事務のスペシャリストを目指す

レセプトチェック講座

  • 通学コース
  • 通信コース

病院経営のかなめ!請求業務の正確さを身につけます

医療事務講座とセットで受講するメリット

医療事務のスペシャリストとして
正社員就職やクリニック勤務が目指せます。

医療事務員としてキャリアアップを目指すなら、受付や会計業務に加えて請求業務(レセプト点検)の知識と技術が不可欠です。
請求業務は病院経営に関わる大変重要な仕事ですから、レセプト点検のスキルを習得することが医療事務のスペシャリストとしての評価につながります。
特に「正社員」や少人数であらゆる業務を担当する「クリニックでの勤務」を目指す方にご受講いただきたい講座です。

▶レセプトとは?

学習内容

医療事務講座の知識をベースにプラスαの知識を習得します。

レセプトチェック講座では、医療事務講座で学習する知識をベースに、レセプトの点検方法を学習。具体的には患者様の病名に対して行われた検査や治療、処方された薬が正しいかどうかなどを確認していきます。確認ポイントの解説と実習を繰り返すことで、初心者でも短期間でレセプト点検のコツをつかむことができます。また、通学コースと同様のカリキュラムをご自宅で学習することのできる、通信講座もご用意しています。

※本講座は、日本医療事務協会の修了生または同等レベルのスキルをお持ちの方を対象とした講座です。

カリキュラム

  • 請求業務
  • 初診・再診
  • 投薬・注射
  • 検査・病理
  • 医学管理等
  • 在宅医療
  • 処置・手術
  • 画像診断・リハビリテーション
  • 入院
  • まとめ

※全10回/1回2.5時間

受講スケジュール通学

標準クラス

5時間×5日間

受講スケジュール通信

標準学習期間2ヶ月

受講料

【通学】
56,000円(教材費込・税別) 61,600円(教材費込・税込)

【通信】
49,000円(教材費込・税別) 53,900円(教材費込・税込)

目指す資格レセプト点検業務技能検定試験

受付や会計に加えて、請求業務(レセプト点検)を希望する方におすすめの資格です。レセプトに関する知識について審査されます。

【試験内容】  学科・実技

【試験時間】  90分

【受験料】  6,000円(税別)/6,600円(税込)

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座日程を確認する 募集中のクラスを検索できます 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

修了生の声

講座で学んだレセプトの知識が、おおいに役立っています。

医療事務講座に加えて、レセプトチェック講座を受講しました。レセプトチェック講座で勉強したことは月に一度のレセプト点検の時だけではなく、日々のお会計に間違いがないかを確認する時にもとても役に立っています。どんなにコンピュータの性能が良くなっても、病名と診療内容の整合性や病院の経営にとってどのような算定をすればよいのかなど、最終的には医療事務スタッフの知識と判断が必要になると実感しています。

大橋 香織さん(25歳) 聖路加国際病院勤務

レセプトとは?

患者様が診察後に会計で支払う金額は医療費のうちの一部です。つまり、患者様の加入している医療保険の自己負担割合が3割であれば、医療費のうちの3割を患者様が支払うことになります。そして、残りの7割は患者様が加入する国民健康保険(国保)や被用者保険(社保)を運営する団体に請求します。この請求を行う際に提出する請求書をレセプト(診療報酬明細書)といいます。

請求時には、レセプト(診療報酬明細書)を提出。

レセプトチェック講座は、医療事務講座のステップアップ講座です。現役の医療事務員が就業前に受講しておけば良かったと思う講座としてあげられるのが、このレセプトチェック講座です。請求業務(レセプト点検)のスキルは医療事務には欠かせません。

トップに戻る