“無料で”資料請求
日程検索・申込み

|医療事務の資格を取得するなら日本医療事務協会

0120-39-8653

医療事務の資格について

医療機関への就職に強い日本医療事務協会の資格

医療機関への就職に強い
日本医療事務協会の資格

日本医療事務協会が主催する、医療事務の就職活動に役立つ資格は、「即戦力として活躍できる」という最高のアピールになります。

資格の種類

「医療事務」と呼ばれる資格は多く存在します。
それは医療事務の資格のほとんどが「民間資格」であり、民間団体や企業が独自の審査基準で認定している資格だからです。試験の出題範囲や水準には違いがあり、学習範囲も異なります。どの資格が必要かを考える際は、医療事務の主な仕事である、受付や会計、請求業務が学習内容に含まれるかを確認するとよいでしょう。
医療事務の仕事は資格がないと働けないわけではありませんが、採用時に資格を所持していると有利にはたらく場合があります。資格はスキルの証明になるとともに、医療事務の就職意欲が高いと評価されるからです。特に未経験で医療事務に挑戦するには、資格が自身をアピールする大きな武器になり、就職活動にも自信が持てます。
また、忙しい医療の現場で知識が全くないままに働き始めるのはとても大変です。一定レベルのスキルを身に付けて就職することで、実務への適応力が圧倒的に異なります。

受験資格

  • ・医療事務検定試験
  • ・医事コンピュータ能力技能検定試験
  • ・レセプト点検業務技能検定試験
  • ・調剤薬局事務検定試験
  • ・介護報酬請求事務技能検定試験
  • ・保険請求事務技能検定試験(歯科)

受験までに必要な期間

めざす資格が決まったら、試験日と試験申込期日を確認しましょう。試験日から逆算して約2ヶ月~4ヶ月間の学習期間を設けるのが目安です。通学講座であれば、あらかじめ講座修了後に試験日を設定しているので、受講の流れのまま試験の申込みと受験をすることが可能です。
通信講座は毎月1回試験日が設けられるため、その10日前までに受験の申込みをしてください。
ご自身で資格取得の目標時期やスケジュールを立てて学習にとりくみましょう。

資格の取り方

1.めざす資格を決める

まずは取得する資格を決めましょう。ご自身の希望や状況にあった資格を選択します。
たとえば、未経験で医療機関に就職したい方には、医療事務に加え、医療事務コンピュータ、レセプトチェックの資格を取得していると即戦力として大きくアピールできます。
すでに医療事務として働いていて職場で役立つ上級スキルを身に付けたい方には、レセプトチェックをはじめ、医師事務作業補助者、働く場所によって調剤薬局事務・介護事務・歯科医療事務の資格を取得するとよいでしょう。
また、手軽に資格をとりたい方や最低限の知識だけでも学んでおきたい方には、基本の医療事務講座からスタートしてみてください。

2.受験の申込み

取得したい資格が決まったら、試験日とその申込締切日を確認しましょう。
受験要項と受験申込の申請書をお渡ししますので受験料のお振込と共にお申込みください。

3.試験受験・結果発表

受験要項をよくご確認の上、当日を迎えます。
体調管理は万全に。普段の力を発揮しリラックスして取り組めるよう温度調節ができる服装や試験に集中できる環境を整えましょう。
合否は試験後2~3週間で通知が届きます。合格証が資格取得の証となります。

問題の傾向

試験問題は学科試験と実技試験に分かれています。基本的知識・技術と算定の考え方が問われます。
テキストや参考書の持ち込みは可能のため、試験に向けてテキストをまとめて整理しておくことをおすすめします。

≪学科≫

医療事務として必要な基本的知識が問われます。医療保険など各種制度の確認、法律や加算など、算定や請求に必要な知識が定着しているかを判断します。

≪実技≫

カルテから情報を読み取り、会計欄やレセプトを作成します。必要な情報を整理して医療費の計算をしたり正しい情報になっているかを点検する力が求められます。

通学学習と通信学習のメリット・デメリット

≪通学学習≫

ベテラン講師の講義を聞き、繰り返し演習を行うことで、ポイントを押さえた効率的な学習ができます。不明点や疑問点もすぐに解消でき、つまずかずに進めることができるのも通学ならでは。
また、通学学習は日程が決められているので、確実に学習時間を確保し、集中して取り組むことができます。一方で、ご家族の協力などを得ながら通学スケジュールを調整する必要があります。

≪通信学習≫

仕事や家庭と両立しながら自分で自由にスケジュールを組んで学習ができます。「今すぐ始めたい」、「いくつも資格を取得したい」という方にも気軽にご受講いただけます。
一方で、学習のモチベーションを維持することや、集中できる環境を整えることが難しい場合もあります。

求人の例

求人例

【東京都】

<資格があれば未経験OK>
クリニック医療事務の正社員!

職種:医療事務

給与:月給 200,000円~

手当:交通費支給(上限あり)

勤務:週5日(月~土曜)、8時間(8時~18時)

求人例

【大阪府】

週2日|時給1030円|
資格が活かせる|40代医療事務

職種:医療事務

給与:時給1,030円~

手当:交通費全額支給

勤務:短時間 週2日
 ①月~土曜9:10~13:00 ②平日 14:45~19:00

求人例

【愛知県】

未経験OK★正社員募集★マイカー通勤OK★
無料駐車場あり★
医療事務の資格をお持ちの方必見★

職種:医療事務

給与:月給149,000円~198,000円

手当:交通費全額支給

勤務:週5日
 ①月~土曜 8:30~12:30
 ②平日 15:30~19:30 休憩なし

求人例

【宮城県】

第二新卒歓迎!賞与5ヶ月分支給実績あり!
未経験から医療事務デビュー♪

職種:医療事務

給与:月給158,000円~173,000円

手当:交通費全額支給

勤務:週5日
 ①平日8:30~16:30 ②平日9:30~18:00
 ③月~土曜8:30~13:00

求人例

【東京都】

月19万以上・(交)全額無資格・未経験OK♪
医師のサポート業務

職種:医療事務

給与:月給190,300円

手当:交通費全額支給

勤務:週5日
 ①平日9:00~17:00 ②土曜9:30~13:00

試験日程

通学講座と通信講座で検定日が異なります。

≪通学≫

医療事務検定試験:医療事務総合講座内で実施
医事コンピュータ能力技能検定試験:医療事務総合講座内で実施
レセプト点検業務技能検定試験:医療事務総合講座内で実施
調剤薬局事務検定試験:奇数月第3日曜日
介護報酬請求事務技能検定試験:偶数月第3日曜日
保険請求事務技能検定試験(歯科):奇数月第1日曜日

≪通信≫

全ての試験:毎月第4土曜日

資格の種類

医療事務検定試験

対象
講座
医療事務総合講座、医療事務通信講座

病院勤務を目指して医療事務を勉強される方に、まずは取得していただきたい資格です。医療保険制度、患者様応対、医療費計算、請求事務の知識など医療事務全般の基本的知識と技術が審査されます。

  • 試験科目 : 学科・実技
  • 試験時間 : 2時間
  • 受験料 : 7,000円(税別)/7,700円(税込)

合格へのアドバイス

教材の持ち込みOK!暗記の必要なし!

医療事務検定試験では、授業で使うすべての教材を持ち込むことができます。授業で学んだことが正確に理解できているかを判定するための試験ですから、日々の予習復習が何よりの試験対策になります。

医事コンピュータ能力技能検定試験

対象
講座
医療事務総合講座、
医療事務コンピュータ・電子カルテ通信講座

即戦力をアピールし、就職活動を有利に進めたい方におススメの資格です。医療事務コンピュータの入力業務に必要な知識と技能レベルが審査されます。

  • 試験科目 : 実技
  • 試験時間 : 1時間
  • 受験料 : 6,000円(税別)/6,600円(税込)

レセプト点検業務技能検定試験

対象
講座
医療事務総合講座、
レセプト通信講座

受付や会計に加えて、請求業務(レセプト点検)を希望する方にオススメの資格です。レセプトに関する知識について審査されます。

  • 試験科目 : 学科・実技
  • 試験時間 : 90分
  • 受験料 : 6,000円(税別)/6,600円(税込)

調剤薬局事務検定試験

対象
講座
調剤薬局事務講座

調剤薬局での請求事務に必要な知識と技能レベルが審査されます。

  • 試験科目 : 実技・学科
  • 試験時間 : 90分
  • 受験料 : 4,500円(税別)/4,950円(税込)

介護報酬請求事務技能検定試験

対象
講座
介護事務講座

居宅介護事業所や介護福祉施設等での請求事務に必要な知識と技能レベルが審査されます。

  • 試験科目 : 実技・学科
  • 試験時間 : 2時間
  • 受験料 : 6,000円(税別)/6,600円(税込)

保険請求事務技能検定試験(歯科)

対象
講座
歯科医療事務講座

保険請求事務(歯科)に関する知識が審査されます。

  • 試験科目 : 実技・学科
  • 試験時間 : 2時間
  • 受験料 : 7,000円(税別)/7,700円(税込)

〜 就職支援のプロ 〜
キャリアコンサルタントに聞きました

「医療事務の就職に資格が必要な訳は?」

スキル習得のアピール+意欲の裏付けに

森 裕美

キャリアコンサルタント
森 裕美

異業種への転職で資格取得が有利に働く理由は、第一に未経験であっても基礎的なスキルを持った人とそうでない人とでは、仕事への理解の早さに大きな差が出るという点。

そしてもう一つが、「医療事務の仕事をしたい」という思いが単なる憧れではなく、その意欲が本物だということの裏付けになるという点です。また、パソコンスキルと接客経験は医療事務の採用担当者が最も気になるポイントですから、自信のない方は資格でカバーするのが良いでしょう。

履歴書の「免許・資格欄」に医療事務に関連する資格名が記載されていることが、就職活動をする際の強力な武器になるということは言うまでもありません。

診療報酬請求事務能力認定試験の紹介

「診療報酬請求事務能力認定試験」とは、数ある医療事務の資格の中でも難易度が高く、合格率の平均は30%ほどの試験になります。
「そんなに難しいって、どんな試験なの?」と気になる方は、「診療報酬請求事務能力認定試験の紹介」をご覧ください。

資格についてのよくあるご質問

Q. 資格がないと仕事ができないのでしょうか?
A. 医療事務は国家資格ではないので資格がなくても仕事はできます。ただし、医療事務の求人では即戦力を求められることも多く、未経験者の就職となれば資格を取得していることが有利なことは言うまでもありません。また、医療事務は専門性の高い仕事ですから、就業前に知識やスキルを習得しておくことで現場での戸惑いがありません。
Q. 資格がたくさんあってどれを取ればいいのかわかりません。
A. 医療事務資格は民間資格なので、試験を主催している団体によって名称が異なりますが、特別な優劣はないと考えてよいでしょう。資格名よりも、ご自身の目的や状況にあった講座を選ぶことが大切です。
Q. 医療事務の試験はどのようなものですか?
A. 日本医療事務協会主催の試験は、対象となる講座の内容が身についているかを問うもので、受験生をふるいにかけるものではありません。ですから、授業で使用した教材の持ち込みが可能で、丸暗記をする必要はありません。

医療事務検定試験 合格者の声

分からないことをそのままにしない。

M・Sさん(32歳) 短期集中クラス受講
1日の平均学習時間 1.5時間

受講中に気を付けていたのは、自分がわかっていないところをそのままにしないこと。わからないことはその日のうちに質問して、自宅で復習するようにしました。練習問題を解けば解くほど「なるほど!」という感じになるのがうれしくて。

とにかく手を動かすことが大切だと思いました。試験時間がぎりぎりで焦りましたが、無事に合格できてよかったです。ここで学んだことを、早く実務で活かしたいと思います。

授業の復習はその日のうちに。

H・Iさん(42歳) 土日クラス受講
1日の平均学習時間 2~3時間

受講中は予習・復習を必ずやること。特に復習は帰宅後すぐに授業の振り返りをするようにしました。試験対策としては、自分が間違えやすいことを項目別にまとめて、試験の時でも見られるようにファイリングしたことが役立ちましたね。

自宅で時間を計りながら、難しい問題を多く説いたためか、試験問題は比較的優しく感じました。合格しただけでなく、勉強したことを忘れないようにしたいと思います。

予習・復習は欠かさずやりました。

M・Oさん(43歳) 短期集中クラス受講
1日の平均学習時間 1~2時間

受講中は、予習・復習を欠かさずにやりました。テキストに項目ごとの予習問題と復習問題がついているので、勉強しやすいと思います。試験前にはカルテ問題集の間違ったところを重点的に解いて、苦手分野がなくなるようにしました。

試験問題は初めて見るような内容でしたが、しっかり読めば特に難しいと感じることはありませんでしたね。今は合格できてほっとしています。資格をきっかけに医療事務職に従事したいです。

試験前には問題集を2回繰り返しました。

A・Kさん(23歳) 短期集中クラス受講
1日の平均学習時間 4時間

医療事務では暗記の必要がないのですが、よく使う点数は覚えるようにしていました。試験前にはひたすら問題集を解くことに専念。カルテ問題種を2回繰り返しました。試験問題は学科が少し手強かったです。

ただ時間的には十分余裕があったので、実技の問題にしっかり時間を充てることができてよかったです。すでに就職先が決まっているので、勉強したことを活かしてお仕事に努めていきたいと思います。