あなたの憧れを形にする。
現場から求められているスキル
基礎から応用まで、総合的に学びます。

現場から求められている様々な事務の知識や技術を
総合的に身に付けることで、就職が有利になるだけでなく、
就職後にも活かせるスキルを身に付けます。

  • 医療事務総合講座
  • 通学コース
  • 通信コース

医療事務で求められるスキル

医療知識だけではない総合的なスキルが必要です

point1

医療事務のお仕事は、受付や会計までを担当する大切なポジション。
患者様は不安を抱えて来院されていますので、不安を和らげる笑顔や応対マナー、言葉遣い等も非常に重要となります。
また医師や看護師等、他の職種と連携して進める仕事も多いため、円滑にコミュニケーションを取り合いながら行う能力も求められてます。

point2

医療事務は、様々な場面でコンピュータに触れる機会が多くなっています。ほとんどの病院で、医療事務の中心業務であるレセプト作成のために「レセプトコンピュータ」を導入しています。レセプトコンピュータは一般的なコンピュータ操作とは異なるため、レセプト業務を行う際には、まず使用方法を覚える必要があります。また、電子カルテを導入している医療機関も多くなってきており、パソコンスキルは医療事務にとって必須となっています。

point3

医療事務は、国で決められた基準を元に患者様の診療費の計算をして会計し、保険機関へレセプトという請求書を発行しなければならないという特別な仕事があります。レセプト事務を行う上で、カルテを読む際に必要な知識、診療報酬の算定に関するノウハウなどの専門知識が不可欠です。また病院経営において重要な役割を担う業務なのでレセプトが正しく作成できているかチェックする能力も求められます。

  • 就職活動でアピールできる

    就職活動では、医療事務の基礎、医療事務コンピュータ、電子カルテ・レセプトチェック・接遇マナーまで一通り学んできたことをアピールできます。

  • 資格取得を評価してもらえる

    取得した資格は履歴書に書くことができるので、医療事務の基礎から応用までの一定のレベルのスキルを持った意欲のある人物であると評価していただけます。

  • 働き方をイメージできる

    医療事務の一連の流れを学べるため、就職後の働き方を具体的にイメージできます。

医療事務の基礎知識とコンピュータスキルは非常に重要と考えています。医療事務の資格は、知識の証明として考えることが出来ます。そのため医療事務の資格を持っている方は基本的な知識を身に付けた方と判断できます。医療事務の知識があるのとないのとでは、スタートダッシュで差が出ます。基礎がしっかりできていれば、業務をすんなり身に付けることができます。

就職後にこそしっかり役立つ

  • 安心して現場に入れる
  • 患者様への対応に差が出る
  • 職場でのコミュニケーションが取りやすい

安心して働くためには、事前に知識を身に付けておくことをおススメします。
私自身、事前に講座で学んだ知識があったので、自信をもって仕事を始めることができました。仕事に慣れるのも早かったと思います。初日に窓口で患者様の対応をしたのですが、「次はどこへ行けばいいの?」「この用紙はどうしたらいいの?」など様々な質問がいただきました。即答できないこともありましたが、講座で学んだ受診の流れや用語などの知識を活かすことで対応することができました。

トップに戻る