医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)とは?|日本医療事務協会

短期間で就職に有利な資格を取得 調剤薬局事務講座(通学コース・通信コース)

  • 医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)
  • 通学コース
  • 通信コース

医師事務作業補助者ってどんな仕事?

医師が行う業務のうち、事務的な業務をアシストする職種です。これまで医師が行っていた診断書などの文書や処方箋の作成、電子カルテの代行入力など、医師の指示のもとで、医師に代わって事務作業を行います。
医師の代わりにそれらの事務作業を行うことで、医師の業務負担を軽減し、医師が患者さんと向き合う時間を増やすことができます。患者様の満足度のアップはもちろん、医療現場の質の向上に貢献できる、とても重要な仕事です。
国も、勤務医の負担の軽減及び処遇の改善に対する体制を確保する事を目的とした「医師事務作業補助体制加算」を設定するなど、病院経営上も必要性がアップしているお仕事です。

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座日程を確認する 募集中のクラスを検索できます 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

今、ニーズが高まっている資格(仕事)です

医師事務作業補助が診療報酬上で初めて導入されたのは2008年です。
実際、医師事務作業補助者を配置している病院はどれくらい増えているのでしょうか?
導入された平成20年では730件でした。しかしこの10年でぐんぐん伸び、平成28年時点では2,728件と4倍近くに増加しています。この件数は全国の病院の約1/3にあたります。また、現在、厚生労働省は医師の働き方改革を推進しており、それを推進する上で医師事務作業補助者は欠かせない存在となっています。こうした背景から、医師事務作業補助者を積極的に採用する医療機関が増えています。
(厚生労働省「主な施設基準の届出状況等」「平成28年(2016)医療施設(動態)調査・病院報告の概況」より)

厚生労働省指定32時間以上の
研修内容を網羅

医師事務作業補助者として働くための条件のひとつとして、入職前後を問わず、厚生労働省が定める32時間以上の研修を受講することが必要です。日本医療事務協会の講座では、その内容を網羅しているため、これから医師事務作業補助者として働きたい方、既に働くことが決まっている方、どちらのニーズも満たす内容となっています。

厚生労働省指定32時間以上の研修内容を網羅

医師や患者様のためになる、
やりがいがあるお仕事

医師事務作業補助者は、主に大学病院や総合病院などで導入されることが多く、大きな病院での就職を希望する人にオススメです。また、チーム医療の一員として仕事に携われるため、より医師や看護師などの医療スタッフの近くで仕事がしたいと思っている人にもオススメです。

医師や患者様のためになる、やりがいがあるお仕事

医師事務作業補助者(ドクターアシストクラーク)はこんな人におすすめ

就職支援部 新宿支社・岩間祥汰

業界インタビュー

医師事務作業補助者とは診断書の作成補助や電子カルテの代行入力など、医師の事務作業を補助するスタッフの事を言います。
医師からも大変感謝され、事務スタッフでありながら医師や看護師との連携が多く、とてもやりがいを感じられるお仕事です。業務では医師、看護師とのコミュニケーションをとるため関係構築や入力作業を遂行していくために正確性やスピードが求められます。一般的には入力作業がメインですが病院によっては患者対応も含まれることもあります。
未経験から始められている方が9割以上ですので医師事務作業補助者経験がなく、「私にできるかしら」と不安に思われている方でも安心して業務を始められます。

就職支援部 新宿支社・岩間祥汰

医師事務作業補助者(ドクターアシストクラーク)養成講座 修了生の声

仕事に対する不安が払拭されました

授業は質問のしやすい雰囲気で、休憩時間や授業終わりにも先生に分からない箇所を聞くことが出来ました。また、授業の内容だけでなく、実際に働いている職場での悩みや困っていること等も相談に乗ってくださり、とても心強かったです。受講する前は仕事に対する不安がありましたが、授業では医療に関する基礎的なことから教えてもらえたので、今は不安なく、楽しく働くことが出来ています。

野村遥さん 28歳

医療現場での事務職の仕事を目指しました

医師事務として経験を積むと、今後の医療現場でのキャリアアップに有利だと聞き受講することを決めました。
実際に働いてみると医師事務は、医師と受付をつなぐ業務で、多くの業務が医師事務を通して行われている大事な仕事だとわかりました。仕事をす
上では、カルテを正しく読み、処方箋の確認もしっかり行うこと、医師や看護師から必要な情報を聞き取ることなど、正確性を大事にしています。
この講座を受けてみて、医師事務として働くのに必要な専門知識を深めることができ、受講してよかったです。今後はさらに経験を積んで、患者様一人一人に目を向けられるように医師事務職として働いていきたいです。

加藤優李さん 33歳

勤務と両立して学ぶことができました

医療機関に勤務しながらの受講でしたが、受講してとてもよかったです。
働いていて分からないこと、困ったことに直面することが多々ありましたが、この講座を受講する中で、どう対処・対応したらいいか教えていただき、実際の職場でも活かすことが出来ています。

在原なつみさん 30代

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座日程を確認する 募集中のクラスを検索できます 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

  • 医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)
  • 通学コース
  • 通信コース

トップに戻る