調剤薬局事務講座

短期間で就職に有利な資格を取得 調剤薬局事務講座(通学コース・通信コース)

短期間で就職に有利な資格を取得

調剤薬局事務講座

  • 通学コース
  • 通信コース
  • 調剤薬局事務とは
  • 通学コース
  • 通信コース

調剤薬局事務ってどんな仕事?

調剤薬局事務の仕事は、調剤薬局で薬剤師のお仕事のサポートをおこなう業務です。医療事務のように患者様の受付や会計、レセプト作成をおこなう他、処方箋のチェック、お薬手帳の発行、待合室などの環境整備などもおこないます。
勤務時間帯を選んで仕事ができるケースもあり、残業も少なく、家事や育児と両立しやすい職種です。また、調剤薬局はコンビニ以上の数があるといわれ、全国どこでも働けます。「家の近くで働きたい」という希望も叶えやすいお仕事です。

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座日程を確認する 募集中のクラスを検索できます 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

調剤薬局のお仕事

受付業務

処方せんの受付・保険証の確認など、“調剤薬局”の顔として患者様をお迎えします。

オペレーター•会計業務

処方せん内容をコンピュータに入力。保険の種類に応じた患者様負担分を計算し、金銭授受と領収書の発行を行います。

請求業務

保険負担分を請求するため、毎月患者様ごとの診療報酬明細書(レセプト)を作成します。

人気急上昇の注目資格

日本医療事務協会でも、医療事務と並んで人気のある調剤薬局事務。「専門資格なのに手軽にとりやすい」「結婚・出産後も働きやすい」など、多くの女性から注目を集めています。
また、国の施策により「診察は病院で、薬は調剤薬局で」という「医薬分業」が進み、私たちの暮らす街でも多くの調剤薬局を見かけるようになりました。今後も調剤薬局事務のスキルを持った人材の活躍が大いに期待されます。

調剤薬局事務検定試験とは?

調剤薬局事務検定試験は、日本医療事務協会が主催する資格試験で、調剤薬局での請求事務に必要な知識と技能レベルが審査されます。一見難しそうに思われるかもしれませんが、医療事務と比べて学習範囲が「薬剤」に限られているので、初心者でも比較的簡単に、かつ短期間で学習し受験を目指すことができます。また、受験資格としての学歴や実務経験が問われることもありませんので、手軽に「手に職」系の資格が欲しいという女性から人気を集めています。
調剤薬局事務は専門性のある仕事であることに加え、実務では正確性とスピードが求められます。就職活動では即戦力としての知識や経験が問われる傾向にありますので、未経験から調剤事務を目指す方にとって、資格取得が有利になることはいうまでもありません。 無資格・未経験で就職した方の中には、入職後に基本的な知識やスキルの重要性に気づき、勉強を始める方も多くいらっしゃいます。せっかく就職した職場で長く働き活躍し続けるためにも、「調剤事務検定試験」での資格取得をお勧めします。

調剤薬局事務の受験資格・試験内容

受験資格 受験資格はありません。以下の方の受験を受け付けています。
1.日本医療事務協会が認定する団体の講座の受講者
2.受験申請のあった高校・専門学校・短期大学・大学等
3.受験申請のあった一般受験申込み者
受験科目
試験内容
試験科目には学科試験と実技試験(いずれもマークシート)があり、両科目の受験が必要です。
・学科試験/調剤報酬算定に関わる基礎知識
・実技試験/調剤報酬の算定及び調剤報酬明細書作成
試験日
試験時間
通学コース:奇数月(1・3・5・7・9・11月)の第3日曜日
通信コース:毎月第4土曜日(自宅受験)
一般受験 :毎月第4日曜日(自宅受験)
試験時間:90分
試験会場 通学コースの方は試験日によって会場が異なります。
通信コース・一般受験の方は自宅で受験していただきます。
受験料 日本医療事務協会受講生:4,500円(税別)/4,950円(税込)
団体受験:4,500円(税別) /4,950円(税込)
一般受験:5,000円(税別) /5,500円(税込)

調剤薬局事務検定試験の合格率・難易度

「調剤薬局事務検定試験」の合格率は毎回90%前後で、数多くの方に資格を取得していただいています。
難易度は比較的やさしく、受験者の大半は初学者です。標準学習期間の目安も3カ月程度と気軽に挑戦することができます。会場受験・自宅受験問わず、学習に使っていたテキストなどの教材を見ながら解答できるので、丸暗記の必要はありません。特に日本医療事務協会のオリジナルテキストは図や表を多く用い、ポイントが見やすくまとめられているため、試験時の心強い味方になります。また、学科試験も実技試験もマークシート方式を採用しており記述解答が必要ないため、合格を狙いやすい試験です。
無事合格された方には資格の証明として合格証を発行。「調剤薬局事務検定試験」は履歴書に記載していただける資格ですから、就職活動での大きな自信につながります。万が一不合格の場合でも、再受験することが可能です。

通学3日!人気資格を確実に取得できる

女性の再就職や転職には資格が大きな武器となります。調剤薬局事務の資格は、高い専門性を持ちながらも、他の資格に比べて学習範囲が狭く、通学コースならわずか3日の受講で取得を目指すことができます。また、日本医療事務協会が主催する「調剤報酬請求事務技能検定試験」の合格率は、資格取得講座においてトップクラス。教材を持ち込むことができるので暗記の必要がなく、勉強から遠ざかっていた方にも安心です。

専門資格が手軽に取得できる

ライフスタイルに合わせて働き方を選べる

調剤薬局でのお仕事は、結婚や出産・育児などライフスタイルの変化に合わせて働き方を選ぶことができます。独身時代は正社員として活躍。結婚・出産後は時間や日数を選んで働くなど、勤務スタイルは自由自在。また、職場を自宅の近くで見つけやすいことから、家事や育児と両立して“すきま時間”に働きたいという主婦の皆さんには最適なお仕事です。

ライフスタイルに合わせて働き方を選べる

調剤薬局事務はこんな人におすすめ

川崎大師みどり薬局 管理薬剤師 安達 まゆみ様

業界インタビュー

人と接することが好きな人にオススメ

地域に根差した医療をモットーに、薬剤師14名、調剤事務スタッフ4名で業務を行っています。事務スタッフの方の業務内容は、日々の処方せんの受付から、会計、請求事務、一般事務など多岐にわたります。また、患者様と直接関わることが多く、患者様に近い仕事なので、ご要望やお困りのことを把握し、一緒に解決しようとする姿勢が大切です。患者様に寄り添う気持ちを持ち、やわらかで臨機応変な応対をして欲しいと思います。

川崎大師みどり薬局 管理薬剤師 安達 まゆみ様

調剤薬局事務講座 修了生の声

一番の印象は「実務で役立つ講座」

調剤薬局に就職したのですが、事務スタッフの少ない忙しい職場だったこともあって、未経験の私はまったく仕事についていけませんでした。基本的な知識のないまま働くことの難しさを痛感して、退職。スクールで勉強し直してから、再就職を目指すことにしました。スクール選びのポイントは、短期間で資格が取れることと受講料が他のスクールよりも安かったこと。講座の内容にも大満足で、授業が進むにつれて「こういうことだったんだ!」と前の職場でわからないまま見聞きしていたことが理解できるようになりました。「実務でも役立つ講座」というのが一番の印象ですね。これから再就職を目指す私にとって、就職した後でもおさらい受講ができるというサポートも安心材料です。

齋藤 尚子さん(35歳)

初めての勉強でも仕事がイメージできました

アルバイト先の飲食店が閉店してしまった時に、夫から勧められたのが、調剤薬局事務の仕事。安定して長く働きたいと思っていた私にピッタリだと思いました。できるだけ早く就職したいと思っていたので、短期間の通学で資格が取れて合格率も高いこちらの講座を受けることに。初めての勉強だったので、1年間は何度でも受講できるという「合格保証制度」や「就職支援制度」がしっかりしているという点も魅力的でしたね。授業では、現場のお話を交えながら説明をしてくださるので仕事がイメージしやすく、自宅に帰っても「あのことね!」と授業を振り返りながら課題を解くことができました。資格取得後は半日勤務のお仕事から始めたいと思っています。

藤田 江津子さん(42歳)

他社の通信で勉強するも挫折…通学にして正解♪

薬局で働いている知人がいて、話を聞いているうちに調剤薬局事務に興味を持ちました。一度、他社の通信講座で勉強したのですが途中で挫折してしまって…。今回、通学講座でリベンジすることにしました。こちらの講座が3日通学するだけで資格が取れると知り、開講日も近かったのですぐに申込むことを決めました。短期間でしたが、先生の教え方がとてもわかりやすくて、通信講座で「???」だったこともどんどん頭に入ってきました。通学講座を選んで正解♪受講中の勉強時間は、1日1時間くらいです。特に授業のあった翌日には教えてもらったことを忘れないよう、しっかり復習するように心がけました。これから調剤薬局事務として働くのが楽しみです。

浅野 奈美さん(27歳)

テキストが優秀!復習も楽しくできました

今までと違う分野への転職を考えていた時に、友達からの紹介で調剤薬局事務のことを知りました。いろいろな学校から資料を取り寄せたところ、一番早く届き、一番わかりやすかったのがこの学校の資料。授業は少し難しくも感じましたが、テキストが優秀で授業の内容がすべてわかりやすく載っていたので助かりました。家では、テキストを参考に、ひたすら問題集を解くことに専念。初めのうちは問題を解くのに時間がかかって、気が付くと3時間なんてこともありましたが、繰り返すうちに確実にスピードアップするのが楽しくて勉強が苦になることはありませんでした。今後は就職サポートを利用して、調剤薬局への転職を考えてみたいと思います。

宇田 雄一さん(29歳)

授業のテンポが速く、復習が必須でした

調調剤薬局事務の仕事は、時間帯を選んで働けるなどのメリットがあることを知って挑戦してみたいと思うようになりました。こちらの学校は、大学での公開講座をやっているなど信頼できると思い申込むことにしました。3日間の講座ということで、正直なところ私にはテンポが速く家で復習することが必須でしたが、授業中に算定のポイントを明確にしてくれたりテキストの重要箇所にマーカーするよう指導してくれたりしたおかげで何とかついていくことができました。よい先生に恵まれて、この講座を選んで本当によかったです。受講中は1日2時間程度の復習をしていましたが、来月の資格試験に向けてさらにしっかりと頭の中を整理しようと思います。

松澤 富美子さん(54歳)

資料を請求する 医療事務まるわかりガイドブックをお送りします 講座日程を確認する 募集中のクラスを検索できます 講座を申し込む ホームページからのお申し込みが便利です

  • 調剤薬局事務とは
  • 通学コース
  • 通信コース

調剤薬局事務とは、医療事務の調剤薬局版とも言えるお仕事です。調剤薬局の数はコンビニ以上と言われ、女性に大人気の就職先です。専門性は高いですが、調剤薬局事務講座は学習範囲が狭く通学3日間で修了できます。医療事務講座とセットで受講し就職先を広げたり、調剤薬局事務コンピュータ講座とのセット受講がお勧めです。

トップに戻る