• 医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)の通信講座がついに開講!

     

    こんにちは。日本医療事務協会、東京校です☀

     

     

     

    最近は暖かくなったり、寒くなったりと

    気温の変化が激しいですね・・・。

    こんな時が一番風邪を引きやすい!

    体調を崩さないようお気をつけください❗

     

     

     

     

     

     

    さて今回ついに多数の要望を受け、

    現在医療業界でニーズが増え続けている

    \医師事務作業補助者養成講座

    (ドクターアシストクラーク)通信講座/

    開講致します♪

     

     

     

     

    1.医師事務作業補助者とは・・・・

    医師が行う業務のうち、事務的な業務をアシストする職種です。

    具体的な業務として、今まで医師が行っていた

    ①診断書などの文書や処方箋の作成

    ②電子カルテの代行入力

    など、医師の指示のもとで医師に代わって事務作業を行う職種です。

     

     

     

     

    診療費の計算やレセプト作成を主な業務とする医療事務とは

    異なり、医療事務と合わせて学習し、就職の幅を広げる受講生さんも

    増えています。

     

     

     

     

     

     

    2.医師事務作業補助者になる為には・・・

    \検定試験に合格する必要はありません!/

     

     

    しかし、32時間以上の研修を必ず受講する必要があります。

     

    ただ、「32時間以上の研修を勤務しながら通学するのは難しい・・・」

    そんな皆様のお声を多数頂いておりました。

     

     

    そこで\ご自宅・勤務しながらでも32時間以上の研修を受講出来る/

    医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)通信講座

    を開講です!

     

     

    1月上旬から開講したにも関わらず、続々お申込を

    頂いております!

     

     

     

    ●医師事務作業補助者養成講座(ドクターアシストクラーク)の

    講座詳細が気になる方はこちらをチェック!✨

    講座詳細はここをクリック!

     

     

     

     

     

     

    ●お申込の方はこちらから!✨

    お申込の方はここをクリック!

     

     

     

     

    お申込後、1週間程度でご自宅に教材が届きます◎

    通信講座なので、自分のペースで受講OK!

    標準学習期間は2ヶ月!ただ、受講有効期間は1年間あるので、

    ご安心ください。

     

     

     

     

    ご不明点・気になる点がある方はお問い合わせも

    お待ちしております♪

     

     

    一緒に医師事務作業補助者デビューを目指しましょう!

     

     

     

    <<医師事務作業補助体制加算をご検討中の医療機関様へ>>

    ※当校の通信講座が「医師事務作業補助体制加算」の32時間以上の基礎研修に該当するか否かについて、医療機関が届出を行う地方厚生局により異なります。詳しくは、お勤めの医療機関もしくは地方厚生局へお問い合わせください。

     

     

     

    日本医療事務協会 東京校(0120-39-8653 平日~19:30)