月別アーカイブ: 2015年9月

元町10月短期集中クラス「残席わずか」です!

こんにちは!sun

今日も良いお天気で、暑いですね~ase

 

昨日、秋の風物詩「中秋の名月」でしたが、

本日9月28日の月は、地球に大接近する「スーパームーン」だそうです!

 

今年一番大きな満月を見ることができるとかbikkuri

今日を逃すともう1年以上お預けらしいので、要チェックですね!!

 

 

現在受付中の元町教室で10月22日(木)開講の、10月短期集中クラスが

「残席わずか」になっています!

ご検討中の方は、早めのお申込をお願いしますonegai

 

秋の医療事務デビュー応援キャンペーン対象講座です!!

学びの秋だからこそ、今始めてみませんか?happy01

 

star02star02star02

 

説明会参加の際は、こちらからご予約下さい⇒⇒説明会日程検索

講座のお申込はこちら⇒⇒講座申込み

 

京都で漆黒の闇を体験

こんにちは!

シルバーウィークも終わってしまいましたねcrying

連休中はどこかへ遊びに行かれましたか?

観光地は何処も人がいっぱいでしたねkao-a13

 

突然ですが、「胎内めぐり」ってご存知ですか?

 

京都の清水寺の正門にある朱色の仁王門をくぐって少し歩くと、

随求堂(ずいぐどう)がありす。

zuigudo

 

この随求堂で体験できるのが「胎内めぐり」です。

随求堂は清水寺の塔頭・慈心院の本堂で大随求菩薩が本尊です。

 

 

拝観料を支払い、靴を脱いだら、地下へ降りていきます。

真っ暗なので手すり(数珠)だけを頼りに、ゆっくりゆっくり進みます。

真っ暗というか真っ黒な闇ですね、本当に光がありませんbikkuri01

 

 

手探りで壁伝いに歩いていくと、ぼんやりと明かりがついた場所に辿り着きます。

そこには梵字(ハラ)が刻まれた石、随求石があります。

その随求石を廻しながら願い事をすると叶うと言われています。

 

 

そしてまた、真っ暗な道を進むと出口に到着!

今度は自然の光が差し、元の場所に戻ってきます。

 

 

「胎内めぐり」とは、本堂に祀られている、大随求菩薩の胎内をめぐることです。

菩薩様の胎内をめぐることで、新しく心が生まれ変わるということを体感できる

そうです。

 

 

清水寺といえば、本堂(舞台)や音羽の瀧、地主神社が有名ですが、

「胎内めぐり」も楽しめるスポットですよ~happy01

 

star02star02star02

 

医療事務講座の神戸元町10月短期集中クラス、「残席わずか」に

なっていますので、ご検討している方はお早めにお申込を!

 

説明会参加の際は、こちらからご予約下さい⇒⇒説明会日程検索

講座のお申込はこちら⇒⇒講座申込み