日本医療事務協会

0120-39-8653

四元 季美子さん(31歳)
四元 季美子さん(31歳)
キャリアを重ねた今、
念願の正社員に。
医療事務に出会えて幸せです。

四元 季美子さん(31歳)

医療法人社団あんしん会 四谷メディカルキューブ勤務
短大卒業後、金融関係の受付として就職するも退職。
フリーター時代を経て医療事務と出会い、現在は正社員として活躍中。

インタビュー

どうして医療事務のお仕事をはじめたのですか?

短大卒業後、自分のやりたいことが見つからずにフリーターをしていた時期がありました。「そろそろちゃんとしなきゃ」と考え始めていた時に、友人から医療事務という仕事があると聞いて、「人と接する仕事が好きだった私に向いているかも」と思い資格を取ることにしました。初めはとにかくきちんとした仕事をしたいと思っていただけなので特に正社員にこだわることもなく、資格取得後すぐに派遣スタッフとしての仕事を紹介していただきました。

正社員を目指すきっかけは?

派遣スタッフとして3年ほど働く中で、医療事務の仕事をずっと続きていきたいという思いが固まってきました。20代の後半になり、そろそろ正社員を目指す頃かと考えていた時に、就職支援部の担当者の方から正社員への転職をすすめていただき、本当にタイミングが良かったです。正社員になる方法はほかにもあると思いますが、まずは派遣スタッフとして経験を重ねることが近道かもって思います。

今後の目標を聞かせてください

外国人の患者様が多いので、受付で困らないように英会話の勉強をしたいと思っています。医療事務に出会えたことで、正社員への道を開くこともできたし、フリーターのころの私では考えられないような職業観を持つことができました。今の環境を与えてくださった皆さんに感謝して、これからもずっとこの仕事を続けていきたいと思います。

私の転身スケジュール

私が四元さんの就職をサポートしました

就職後のキャリアアップについても一緒に考えましょう!

就職支援部 矢部 渉

正社員の求人では勤務経験が重要視される傾向がありますので、未経験の方が経験者としてキャリアアップできるまでしっかりとサポートをしています。四元さんの場合は、特にご本人からのお申し出があったわけではありませんが、十分な実力を持たれていると判断しこちらから正社員への転職をおすすめしました。今の職場でもご活躍されているようで本当に良かったです。医療事務で正社員を目指したい皆さん、ぜひご相談ください。

就職支援部 矢部 渉